美巣(ツバメの巣)

ウミツバメではなく、アナツバメの巣です。

ウミツバメの巣が美容に良いことは良く知られています?

 

これ、大きな勘違いですよ!

 

 

ウミツバメ・・・海鳥で飛び方などが陸のツバメい似ているのでそう名付けられただけ。ウミツバメは日本でよく見かけるツバメとは別物です。

 

アマツバメ・・・草木で巣を作るので美容効果なんかないです。

 

アナツバメ・・・アナツバメの雄が唾液だけで作った巣が美容に効果があります。

 

 

 

いわゆるツバメの巣とは?

アナツバメと呼ばれる種類のツバメが作る巣のことで、高さ30から50mもの海岸の崖山に作られます。生育地域も東南アジアの一部と限定地域のみの貴重な食材で、各国政府の厳重管理のもと許可された人のみ採取が可能となっているほどなのです。

 

 

そんな貴重なアナツバメの巣ですが、何が良いのかというと主成分のシアル酸です。人間の唾液にも含まれるこのシアル酸は細胞の表面を作る大切な物質です。ウミツバメの巣には、シアル酸を多く含むとされるローヤルゼリーの200倍ものシアル酸が含まれているとも言われているのです。

 

 

このシアル酸を多く摂取することで、潤いをましたつややかな美肌になれるのです。それにシアル酸には、免疫機能の向上や、血流をよくしたり、癌の転移を抑制したり、発毛促進効果などもあると言われています。

 

 

シアル酸以外にも、カルシウムやマグネシウムなど7種のミネラル、グルタミン酸やアルギニンなど18種のアミノ酸、良質のたんぱく質で有名なコラーゲンなども豊富に含むアナツバメの巣。中国で古来より珍重されてきたという事実は、現代の科学に照らし合わせてみても真実だったのです。